ふたご座流星群2018名古屋市の方角や時間帯は?おすすめ観察場所も調査!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のママブロガー/子育てフリーランス 日常の気になったことから、子育てのこと、お出かけスポットなど幅広く情報をお届けしていきます。

こんにちは、つばめです。

冬になると空気が澄んで、星がきれいですよね。

これからの時期子供と夜空を眺めるのが楽しみです。

そんな冬の夜空にたくさん流れ星がみえる日があるのをご存知ですか?

ふたご座流星群という年間三大流星群のひとつを12月に見ることが出来ます。
一晩に見られる流星数としては年間最大の流星群!
たくさんの流れ星が見れる特別な時なんです。

望遠鏡などの道具を使わなくても肉眼で見ることが出来ます。
初めて流星を見る方にもおすすめなふたご座流星群。

今回は2018年の「ふたご座流星群」の観察できる時間帯や方角、
名古屋市内の観察場所などをご紹介します。

スポンサードリンク

 

名古屋市でふたご座流星群を観察できる時間帯や方角は?

もっともみられる時間帯は、

12月14日(金)23時以降から日の出まで。

この日は上弦の月で、23時ごろに沈みます。
その後が流星群をたくさん見るチャンスです。

1時間に30~50個程度の流れ星が見えると予想されています。

最も流星群の活動が活発な時間帯は21時頃(極大)ですが、この時間帯は月が出ているため、一番見える時間帯の1/3~半分くらい見えるといわれています。

14日を挟んで2、3日は流星群を見ることが出来ますが、ふたご座流星群は極大前のほうが活発と言われているので、
第2候補としては12月13日(木)の同じ時間帯がいいかもしれません。

14日はちょうど週末にさしかかる金曜日。
宿泊も兼ねて、流星群の観察に出かけてみるのもいいかもしれませんね。
愛知県内の星の観察ができる宿泊施設はこちら

方角はどこの方角からもOK。

ふたご座流星群の放射点はふたご座のカストルの付近にありますが、流星は空一面に出現します。

どの方角をみていても見ることができます。

たくさんの流星を見るには、空が広く見渡せ、市街地の明かりなどがない場所がいいです。
そして、目が慣れてくるまでしばらく待って夜空を見渡しましょう。
目が慣れてくるまでの時間の目安は15分ほど。じーっと夜空を眺めてみましょう。

名古屋市内の観測におすすめな場所は?

名古屋市内だと街灯が明るくてあまり見えなさそうですが、
灯りが少ない公園は流星群がよく見えます。

名古屋市内にもおすすめの観察スポットはたくさんあります!

平和公園【千種区】

東山動物園からも徒歩圏内、花見の名所の平和公園で見られますよ。
街灯りが届かず、空が広く見渡せるメタセコイア広場がお勧めです。

住所:愛知県名古屋市千種区平和公園2丁目
駐車場:無料 230台

稲永公園(いなえこうえん)【港区】

運動施設が充実した海に面した稲永公園のお隣に位置する藤前湿地周辺がおすすめ!
広々とした干潟は視界を遮るものがないので流星群を観察するの絶好のスポットです。

住所:愛知県名古屋市港区野跡4丁目
駐車場:無料 稲永公園中央駐車場(収容台数:93台)
       稲永公園野球場西駐車場(収容台数:22台)
       稲永公園南駐車場(臨時駐車場(通常は施錠)収容台数:219台

日光川公園【港区】

夏には国内最大級のプール公園として親しまれている日光川公園でも流星群が見られますよ。

住所:愛知県名古屋市港区藤前五丁目901
駐車場:大型自動車1台1回2,000円、普通自動車1台1回500円、自動二輪・原動機付自転車1台1回300円

滝の水公園【緑区】

住宅街にある公園。
名古屋市内の夜景を360度見渡すことができる眺望スポットとしても有名です。
夜景と星空がダブルで見れる贅沢スポット。

住所:愛知県名古屋市緑区篠の風3丁目230
駐車所:20台程度

滝の水公園の駐車場は夜景を目的に訪れる人が多いので、夕方から夜にかけての時間帯にはすぐに満車になることもあるので注意が必要です。

ふたご座流星群って何?

ふたご座流星群は毎年12月14日頃を中心に活動する流星群です。
特徴の一つとして、毎年ほぼ確実にたくせんの流星が出現します。
流星が多い1月のしぶんぎ座流星群と8月のペルセウス流星群とともに「三大流星群」と呼ばれています。

灯りのない暗い場所で観察すれば、1時間あたり40個ほどの流星を見ることが出来ます。

もうひとつの特徴は、ほかの三大流星群と比べて早い時間から流星が見ることが出来、ほぼ一晩中見れます。
そのため、流星観察初心者にもの観察しやすい流星群です。

一晩の流星数が500個を越える時もあります!
500個の流れ星!すごいですよね。

観測の注意点

・空が暗い場所で広い視界が確保できる場所で見る
・12月の夜はかなり冷えるのでしっかりとした防寒対策をする
・寝袋や毛布にくるまって寝転がってみると見やすい
・目が慣れてくるまで待つ
・できるだけ長く観察する

真冬の寒さの中である程度長時間星を観察するには
こういった寝袋があると便利ですよ。
これは家族で入れる大きさの寝袋です。
1つあると便利ですよね。

詳しく見てみる

まとめ

初めての方でも見やすいふたご座流星群。
今年はちょうど週末にかけて見れるので、スケジュールが立てやすいですね。
見に行く際はしっかりと防寒対策をしてお出かけくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のママブロガー/子育てフリーランス 日常の気になったことから、子育てのこと、お出かけスポットなど幅広く情報をお届けしていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つばめのこ , 2018 All Rights Reserved.