アンチiphone派の夫に聞いたどうしても好きになれない理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のママブロガー/子育てフリーランス 日常の気になったことから、子育てのこと、お出かけスポットなど幅広く情報をお届けしていきます。

こんにちは、つばめです。

今日の真夜中にAPPLEがメディア向けに秋の新製品お披露目をするみたいですね。

昨夜、アンチな夫に

「明日、iPhoneの新しいの発表されるらしいよ」

って(ちょっとわざと)話題をふってみたら、

「iPhoneなんて興味ない。なんも新しいことなんてない!」

とややご立腹。

 

それをさらに刺激する禁断のワード

「なんでそんなに嫌いなの?」

を投げてみました。

そうしたら、iPhoneへの不満がまぁ止まらない(笑)

世の中iPhone使っている人ばかりなのに。。。(これは私の心の声)

それでも聞いてると「なるほど」と思えるようなことも出てきたので
なかなか出会えない?アンチiPhone派の意見をお伝えしますね。

スポンサードリンク

iPhoneが嫌いな理由

①新しい技術でもないのに、最新のとか言っている!

これに相当むかついているらしい。
「アップルで初ですって当たり前やないか!iPhoneはアップルしか作ってないんだから」と
新しい機能だと騒ぐメディアを白い目で見る夫。

例えば、顔認証機能。
これはすでに開発され、世に出ていた機能ですが、それが
iPhoneに搭載されるのが初なだけなのに、
世の中の印象はアップルが初

アップルは自社で初の「自社」というところを
前回のiPhoneではなかった新機能という言い方をしているんですね。

それをもともと機械に詳しくない人は
iPhone初を
世界初
に置き換えて聞いてしまう。

機械に詳しい夫は、そこに相当苛ついているらしいです。

 

②おサイフケータイ機能がない

これは今は「Apple Pay(アップルペイ)」が使えますが、
それでは納得がいかないようです。

私はスマホで支払いを出来るようにすると、落とした時に怖いので
付けない派なんです。だから、何が不満なのかよくわからなくて
調べてみました。

 

そもそもおサイフケータイって日本独自のサービスだそうです。知らんかった~。
(詳しくはこちらのページを参照)

 

今ではiPhoneでもSuicaが使えますが、使えるようになったのは2016年発売のiPhone7以降。(めちゃめちゃ時間かかってる!)
そして、Suicaが使えると書いたけど、Suicaしか使えないようです。
(こちらのサイトを参照にしました。)
そこが不満の原因のようです。

③MAC時代からとにかく嫌い!

「マウスに1つのボタンしかないのが信じられない」

こんなこと言われたら元も子もないじゃないか。。。と思うのですが、
iPhoneとか以前にもうApple社の製品が嫌いなようです。
(これ言っちゃったら終わりだよね・・・)

マウスにボタンが1つしかなくて、どう操作するのかと聞かれると
たしかに私もMacユーザーじゃないので反撃できず、
「そうだね・・・」ということしかできなかったのですが、
今はMacもボタン1つじゃないみたいですね!

ただ、iPhoneはボタン1つですよね。(それさえなくなっていきそうな気配)
私はiPhoneを使い始めてまだ1年経ってないのですが、
最初はボタンが1つということに戸惑いました。

どうやってカーソルを移動させていいかわからなかった!
今もiPhoneで文章を書いていて、少し前の文章を直したいと
思ったときに戻るのがAndroidより面倒だなと思います。

④Appleストアでしか修理できない

ドコモとか携帯ショップに持ち込んでも修理してもらえない不便さ

これは、iPhoneユーザーでもちょっとマイナスポイントじゃないでしょうか。

⑤防水機能がない

Androidなら防水機能ついたの選べますが、iPhoneは選べない。
機能やスペックでたくさんの中から自分がいいと思えるものを選べるのが
Androidの魅力ですね。

iPhoneってそういう意味では選択の余地がないですもんね。

⑥企画だけで作っているのは中国

これは。。。今はどのスマホも同じなんじゃ…
生産ラインが中国にあるのはAppleだけではないですね。
もう、だんだんやけくそになりつつある夫…

とりあえず嫌いと言いたいだけじゃないか!!

⑦そもそもこんなにiPhoneが人気なのは日本くらい

「世界規模でみたらiPhoneのシェアって下から数えたほうが早い」

というのが夫の意見。

私は世界中の人が日本人のようにiPhoneを使っていると
思い込んでいたので衝撃でした。

本当かどうか調べてみると、
日本でのiPhoneユーザーは全体の約7割

これが海外だと、約2割にまで下がる!
(参考サイト)

世界中で人気だと思っていたけど、違ったんだ。
まんまとAppleのマーケティングにはまっていた?

日本にいると、iPhoneがスタンダード過ぎて
みんな持ってるイメージだけど
海外に行くと少数派になるのが

ちょっと衝撃の事実でした。

アンチには譲れないアンチな理由がありました。
今日からしばらくiPhoneの新商品が話題になるから
耳障りかもね、アンチな人には。

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のママブロガー/子育てフリーランス 日常の気になったことから、子育てのこと、お出かけスポットなど幅広く情報をお届けしていきます。

Comment

  1. Mami Hashimoto より:

    昔は私もiPhoneを使っていたのですが、4年位前からAndroidに替えました。 これは、Androidを使って見れば分かる事なのですが、Android の方が自分の思い通りにカスタマイズしたり、設定を変える事が出来るので、iPhoneよりも慣れると使いやすいのです。iPhoneは画面のアイコンの大きさを変えたり出来ませんよね? Androidだと、アイコンのデザイン、大きさ、配置全てが変えられます。インストールされているアプリ全てをホームに表示するiPhoneと違い、Androidだと、アプリの引き出しがあり、必要なアプリだけをホームの画面に置いておく事が出来ます。 私は海外在住なのですが、ヨーロッパでも、アメリカでも、最近はAndroidの携帯の方が性能も良くなって来た事、そして使いやすいと言う理由から、Androidに切り替えている人が、多くなって来ています。世界的で見た携帯の売り上げで見ると、アップルは第三位です。世界的にはAndroidを使っている人のが多いのですよ。貴方がおっしゃった通り、 iPhone信者が多いのは日本位です。iPhone も悪くは無いと思いますが、Androidを使っている今、優髄の聞かない、使いにくいiPhoneをまた使いたいとは思いません。

  2. あんちりんご より:

    やけくそ気味なのは置いておいて自分もアンチなので共感出来ます(笑)
    マスコミもやたらと騒ぎすぎなのが原因の1つで、踊らされてる人が多いのでしょうね。
    アップルユーザーが日本には多いため仕方ないですが、Appleは自分たちがルールだと思っている節があります。
    例えば突然のアプリ内商品などの価格改定や新ルールを出してきて、それに後から併せるのがAndroidという構図ができています。
    企業でもAppleの横暴には困ってますが、切り捨てると儲けが出ませんので誰も文句言わない始末です。
    殿様体質なのがはなにつくので個人的に嫌いです。
    また、個人的に強度がAndroidと比べて脆すぎすね。
    画面が割れてる人ってほとんどがiphoneな気がします。

  3. あああ より:

    Appleが嫌いなんじゃなくて、Apple信者が嫌い。
    Apple製品使うのが正義と言わんばかりのあの態度w

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つばめのこ , 2018 All Rights Reserved.